精神的思考がマイナスになるうつ病を早く改善していく

後頭部を押さえる男性

種類がある

うつ病には大きく分けて2つの種類に分類されています。まずは大うつ病で、この症状ではストレスが原因となって起こるものです。また双極性うつ病では気分の高揚と気分の落ち込みが続いてしまいます。

心身の症状

頭を押さえる女性

制度を有効に使って鬱の治療をしよう。

うつ病は精神的ストレスが原因となることも多く、心にストレスを抱えてしまうことで精神面や身体面に影響が出ます。軽い症状ならまだ日常生活に影響が出ることもありませんが、重い症状になると普通に日常生活を過ごすことができなくなってしまいます。現在日本では100万人以上がうつ病に悩んでいる人がおり、悩みを解決できずに閉じこもっている人もたくさんいます。うつ病になるとマイナス思考になってしまうため、自分自身では解決することができなくなってしまいます。うつ病の治療法としてはカウンセラーによるカウンセリングを受けるのが一番良い方法だとされています。ストレスが原因で悩みを抱えているときは、第三者にその悩みを打ち明けることで少し心にゆとりを持つことができます。悩みを持っている人には家族や友人に打ち明けることができない悩みを持っている人も多いです。第三者なら家族や友人よりも話しやすいので、少しずつ打ち明けることでその悩みについて問題解決をしていくことができます。

うつ病の歴史について紹介します。

性格の中でも責任感の強い人や真面目な人がうつ病になりやすいとされています。また仕事が忙しいことからストレスを貯めこんでしまい、仕事終わりに疲れとストレスが一気にくる人もうつ病になりやすいです。うつ病の治療は規則的な生活習慣をすることと、薬物治療、カウンセリング治療を行っていきます。生活習慣が不規則であればその時点でストレスを貯めこむことになってしまいます。規則正しい生活をして身体の中から健康的にしていくことで、身体的な悩みを解決することができます。薬物治療では頻繁に使いすぎると依存してしまう可能性もあるため、薬だけに頼らず精神療法を進んで行うことが大切です。またうつ病が完治したとしても、日常生活でストレスを貯めこんでいるとまた発症してしまう可能性があるため注意が必要です。ストレスを貯めこまないように空いた時間を使って自分自身をリフレッシュすると良いです。

うつ病は、他の病気によく見られるように、薬や手術ですぐに良くなるというものではありません。その人によって完治までにかかる時間も治療内容も全く違ってきます。そしてその治療にかかる時間がどのくらいなのかは、本人にも医師にも分かりません。 うつ病の治療にかかる費用は、健康保険の対象であるため、3割の自己負担で済みます。しかし上記のように、治療にどのくらいの期間がかかるか分からないので、経済的に負担を感じる人が大変多くなっています。 そこで、そのような不安を和らげる事ができる制度を紹介します。それは「自立支援医療費制度」です。障害のある患者さんが安心して治療を受けられるための制度で、うつ病もその対象となっています。 この制度により、自己負担は1割となります。またその月の医療費負担の上限も定められるため、うつ病の治療に不安なく臨む事ができます。

うつ病は今でこそ現代病のように言われていますが、実は昔からあったものでした。一説には4000年前もの古代からあったとされています。その頃はもちろんうつ病という名前はついておらず、メランコリーと呼ばれていました。 その後、18世紀になってメランコリーと言う言葉は聞かれなくなります。再びこの言葉が脚光を浴びたのは、1900年代後半に精神病理学者テレンバッハによって研究が始められてからでした。 それ以前は、精神医学というものは軽く見られがちでした。しかしこの研究により、うつ病に苦しむ多くの人が救われたのは間違いありません。 現在、うつ病は更なる研究が進み、様々な分類がなされています。そして患者それぞれの状態を見て診断され、その分類に基づいて治療が行われています。

原因が色々ある

両腕で頭を押さえる

うつ病になる原因は環境的な要因と身体的な要因があります。環境的な要因では人間関係や妊娠や出産などによる変化があり、身体的な要因では様々な病気や疲労から起こることがあります。

過度なストレス

パソコンを前に頭を押さえる男性

うつ病は過度なストレスが貯まってしまうことで身体的や精神的に影響を与えてしまいます。現代はストレス社会とも呼ばれており、仕事や学校、家庭などでストレスを貯める人が増えているのです。