精神的思考がマイナスになるうつ病を早く改善していく

種類がある

後頭部を押さえる男性

脳科学の発達でうつ病への誤解は消えつつあります。

うつ病になってしまうと精神的に病んでしまい、常にマイナス思考に考えてしまいがちです。こうした気分障害のうつ病には日常生活の中で集中力や記憶力の低下、気分の沈みなどの症状が現れます。人によっては数週間で症状が収まる場合もありますが、うつ病が治らないと症状が悪化して更に困難な生活を送ってしまうこともあるので注意が必要です。うつ病や薬物治療でも少しずつ軽減していくことができますが、精神的な問題のときはカウンセリングなどを受けて精神治療を行うことが大切です。また気分の落ち込みだけではなく、うつ病には大うつ病の他にも双極性鬱病があります。双極性鬱病は気分が落ち込むと共に気分が高揚するときがあるので気づきにくい症状の一つであります。処方される薬も違っており、双極性鬱病の人が抗うつ剤などの治療薬を摂取してしまうと悪化する恐れがあるのです。そのため双極性鬱病の人は気分安定薬や抗精神病薬などを摂取しなければならないのです。

治療にだけ専念できるようなセーフティネットの拡充が必要です。

その他にもうつ病にはいくつかの種類がありますが、これらの症状は判断しにくいとされています。まず一つ目が仮面うつ病で、この症状にはしびれやめまいなどの身体面に影響を及ぼすものです。精神面の他に身体面に症状が出るので、毎日続くと疲れが出て症状悪化に繋がってしまいます。二つ目に非定型うつ病がありますが、この症状は若い人に多いとされています。毎日の生活を繰り返していると気分が良くなることもありますが、その影響からうつの症状から一時的に開放されるものです。症状には様々なものがありますが、症状改善の方法はそれぞれ異なっているので理解していく必要があります。

脳科学が発達するまで、うつ病とは怠けているだけという悪いイメージが持たれていました。他人から心ない言葉を浴びせられて、どれほどうつ病患者が苦しんだかは想像しがたいです。 現在はうつ病とは脳内の神経伝達物質の不具合が原因だと分かりました。むしろ、心の病というよりは脳内の不具合が原因で起こる心の症状だったのです。 このように病気として認知されるようになったことは、うつ病の治療に専念している人には朗報です。病気として認められた以上は、しっかりと療養することに誰からも文句を言われる筋合いはありませんから。 ただ、統計によるとうつ病になりやすい性格分類はあるようなので、もし自分が当てはまるなら予防措置をとる必要があります。ストレス解消法を持つとか、環境を変えてみるとか。色々チャレンジしてみてください。

現在のうつ病の治療は投薬とカウセリングが中心です。うつ病治療薬は初期の頃は消化不良等の副作用が出やすかったのですが、最近の薬はだいぶ改善されました。 最新の抗うつ薬とカウセリングで治療しつつも、十分に休息が取れるような社会体制づくりが必要です。早く働かなきゃ、お金がない、などの強迫観念をうつ病患者に持たせることは一番やってはいけないことです。 国家財政が厳しいのは十分承知していますが、うつ病患者が焦ること無く治療に専念できるセーフティネットの拡充が急務です。何故ならうつ病になってしまった人の多くはがむしゃらに働いて社会貢献してきた人が多いからです。もちろん、主婦業として夫を支え、社会貢献してきた人も居るでしょう。 今後は、このように頑張りすぎてしまった人を守れるセーフティネットがより拡充されていくことでしょう。